ニキビ跡の種類

ニキビ跡消す > ニキビ跡化粧水の情報サイト|ニキビ跡にも種類がある

ニキビ跡化粧水の情報サイト|ニキビ跡にも種類がある

顔にできたニキビはその症状が出ている最中は触ると痛みもあり、見た目も気になる所ですが、悩む方が多いのがニキビが治った後に跡として残ってしまうという事です。 ニキビ跡とも呼ばれ、女性の中では話題になる事も多いです。

小さな面積ですが、赤みが残ってしまったり、時には黒ずんでしまう事もあります。 意外に目立つので、できるだけきれいに治したいという方は多いです。 ニキビ跡が残りやすいのは、肌が固くなっている人と言われています。

ニキビ跡の原因は、ニキビの際に起こる炎症です。 炎症ややけどのような状態になっており、肌の細胞がダメージを受けています。 そして、これがニキビが治った後も残ってしまうのがニキビ跡です。 ニキビ跡は肌質にもよりますし、ニキビの際のダメージが大きいほど、跡も残りやすくなります。

赤みや黒ずみのほかにもクレーターのようにでこぼこに跡が残ってしまう時も、一番ひどい状態の時にはあります。 これらは状態によって、その対策方法も異なってきます。

一番治りやすいのは赤みが残っているタイプです。 この場合は、まだ治っているように見えて、炎症が肌の奥で残っています。 まだ治りかけの途中段階と考えられるので、気にはなりますがそっとしておきましょう。

時間の経過とともに段々と落ち着いていき、次第に無くなる事も多いです。 個人差はありますが、数週間ほどで消える事が多いようです。 次に黒ずんでしまっているニキビは色素が皮膚の中に入り込んでいるケースが多いです。 この場合はニキビ跡に効く化粧水を活用しましょう。

美白効果があるものなどをメインで使えば、毎日ケアを行う事により段々と黒ずみが取れていく事が多いです。 こちらも気になりますがじっくりと治していく意識で、焦らずケアをしていきましょう。

最後にでこぼこになっているニキビはあばたニキビとも言われたりします。 これはかなり重度の症状のため、自己流でのケアは難しい事が多いです。 皮膚科に相談して、治療を受けたり相談をする事をお勧めします。